医院の所得税、医療法人の法人税、消費税の節税手法

住所
医療関連のコンサルティング
医院経営/病院経営コンサルティング > 医院の所得税、医療法人の法人税、消費税の節税手法
節税しないことは、売上をドブに捨てるのと同じことです

医院経営や病院経営で、節税対策をすることは悪いことですか? もちろん、悪いことではありません。

節税は、納税者の権利です。

税計算

あなたが、個人事業主として、医院経営を行っているとすれば、所得税を40%とすれば、1億円稼いでも、手元には18%の1800万円しか残りません。ここで、節税対策を行うことで、200万円を節税できたとすれば、手許現金は2000万円になります。節税対策をせずに、2000万円の手許現金を残すためには、1億1100万円の医業収益が必要になります。

つまり、200万円を節税したことで、1100万円もの医業収益を上げたことと同じです。

そもそも、所得税の最高税率は50%なので、あなたの医業収益が、もっと高ければ、節税による効果は、より大きいことになります。しかも、この手許現金を銀行への借金の返済に回しているとすれば、繰上げ返済することで、金利に相当する金額も儲かることになるのです。

あなたが、節税対策をしないことは、お金を捨てていることと同じです。 小さな金額からでもよいので、必ず、節税してください。

ここでは、医院経営・病院経営に使える節税対策を、できるだけ多く列挙していきます。

最新情報一覧

一般の株式会社では、会計年度が終了したあと2ヶ月以内に定時株主総会によって決算書を承認することが原則です。ただ、公認会計士や監査法人が監査を行う場合には、2ヶ月以内に終了させるとなると時間的な余裕がありません。 そこで定 […] 続きを読む
1 / 3123