医療法人のメリットを最大限に活かす方法

住所
医療関連のコンサルティング
医院経営/病院経営コンサルティング > 医療法人のメリットを最大限に活かす方法
医療法人のメリットを、意図的に、最大限にする

個人の医院経営から、医療法人化して、病院経営を行うことは、メリットだけではなく、デメリットもあります。

ただ、すべてが、あなたに関係するわけではありません。

あなたが達成したい目的を決めて、それを実現するために、医療法人がよいのかどうか、検討していきましょう。

メリット

節税
法人税
所得税
相続税

所得税 > 法人税 となる場合が多い
税率の違いで、節税対策を実行できる
損失を7年間繰り越せる
給与所得控除がある
生命保険に加入するだけで、法人税が節税できる
退職金の支払いで、所得税を節税できる
医療法人にするだけで、相続税が節税できる

組織化
分院の出店

医療法人となることで、人の採用は楽になる
院長を複数人、作ることができるため、簡単に分院を出店できる
銀行からの融資も引き出しやすい

経営の多角化
介護事業等
老人ホーム

医院経営や病院経営だけではなく、介護事業や有料老人ホームの運営などの事業を行なうことができる
医院経営や病院経営と、相乗効果がある事業が行なえる

デメリット

費用
初期費用
ランニングコスト

医療法人化の手続きで、6ヶ月間とコストがかかる
純資産や役員登記変更のコストが定期的にかかる
都道府県へ決算等の報告が必要となる
経理を1人で行うことは難しく、会計事務所等のコストが増える
配当ができないため、お金が医療法人に貯まってしまう

社会保険加入
医療法人の負担
個人の負担

社会保険に強制加入するため、会社負担分、個人負担分の両方が増える
医療法人が社会保険の手続きを行う

経費の厳格化
資産の区分

医業収益と経費が、ガラス張りになる
交際費が全額、経費にならない
医療法人名義にすべきものは、すべて移転させる
不動産や自動車は、名義変更に費用がかかる

最新情報一覧

個人で開業している院長は、医院経営や病院経営の他に事業を始めても問題がありません。当然ですが、アパートなどの収益物件を買って人に貸すことも、インターネットで医療とは関係ない商品を売ることも、自分で飲食店を経営することもで […] 続きを読む
1 / 212