1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

住所
医療関連のコンサルティング
医院経営/病院経営コンサルティング > 医師1人あたり1億円の医業収益を、確実に実現する方法 > 1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?
2017/07/10
1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

毎年、厚生労働省から医院経営や病院経営に関係する統計データが公表されます。今年も、いくつか新しいデータが公表されました。

医療施設動態調査によると、平成29年4月で有床の一般診療所の数は7,500か所を割り込みました。無床の診療所が94,283箇所なので、有床の診療所はたったの7.3%になったのです。5年前の平成24年4月で9,891箇所もあったので、5年間で25%も減ったことになります。

厚生労働省としては大病院の患者を自宅に返し、在宅医療を進めています。その後方支援として、かかりつけの医師と有床の診療所が位置づけられているのですが、このままでは計画が狂ってしまいそうです。

今後、有床の診療所を維持できるように診療報酬が改定されていくのではないかと予想しています。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

当然ですが、有床の診療所が入院施設を止めたとしても、医院や病院としての経営は続けているはずです。ただ今までと比べて、医師や看護師の数は減ります。また投薬や医療消耗品もかなり削減できるはずです。食事などを提供していた場合には、その外注費などもなくなるでしょう。

それでは無床の診療所となった場合に、1日のどれくらいの患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?
有床の診療所から無床の診療所に変わった医院だけではなく、今までずっと無床で経営してきた医院や病院も、もう一度確認すべき数字です。これも厚生労働省から発表されている医療費の動向という統計データから分かります。

まず診療科目別の1日の1人あたりの医療費(入院外)が下記となります。厚生労働省の統計データを見るときには、単位を必ず確認してください。単位を間違えると、勘違いのもとになります。今回の表の単位は診療報酬の点数ではなく、円となっています。

例えば、内科であれば8,384円ですので、診療報酬の点数で考えると838点となります。内科だけではなく、他の診療科目に関しても大きな変動はなく、例年どおりの数字です。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

次に、医院や病院1施設あたりの1年間の医療費の合計が公表されています。裏返せば、医院や病院の1年間の売上ということです。単位は、万円となっています。

例えば、内科であれば1年間で1億178万円の売上が平均の値ということです。ただ内科と一言で表していますが、その地域の特性や院長先生の専門性によって、診療内容はかなり違ってくるはずです。これはあくまで全国平均の数字となります。

ただ厚生労働省が医院や病院からデータを吸い上げていますので、偏った数字ではありません。

内科以外の診療科目になると、例えば、小児科は投薬や検査が少ないので、売上は低くなっていますし、整形外科はリハビリステーションが増えていることもあり、すべての診療科目の中で一番売上が高くなっています。このデータを見て厚生労働省は診療報酬を改定していきます。

少子高齢化の問題を考えると、小児科と産婦人科の診療報酬の点数は上げてくると予想できます。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

それで、上記の2つのデータから1施設当たりの平均の患者数が分かります。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

診療日数については、週休2日と祝日に休診すると248日となります。昔は木曜日と土曜日の午後、日曜日と休診している医院や病院が多かったですが、最近では土曜日も終日診療を行うところが増えています。とすると、週休2日と祝日が休診となります。さらに、お盆5日間と年末年始8日間も休診すると、診療日数は235日と計算できます。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

この表から、内科で1日52人が来院してくれることを目指すのが、平均となります。診療時間が8時間(9時から13時、15時から19時など)とすれば、1時間で6.5人を診療するのが目標となります。

また院長先生が大学病院の手術を手伝っているなどの理由で、医院や病院の休診日が多いと、目指すべき人数は変わってきます。例えば、水曜日も休診となると、診療日数が185日となります。

1日平均で何人の患者が来院してくれることを目指せばよいのでしょうか?

この場合には、内科で1日に66人を目指すことになります。

上記の表から、あなたの診療科目の人数を確認して、受付のレセコンから1日の実際の患者数を確認してください。レセコンからのデータは、ボタン1つで打ち出せるはずです。

 

facebook
twitter
google+