地域密着型の広告は、自分の医院・病院の場所を知ってもらうこと

住所
医療関連のコンサルティング
医院経営/病院経営コンサルティング > 集患/増患のための医療広告とホームページの作り方 > 地域密着型の広告は、自分の医院・病院の場所を知ってもらうこと
2011/12/18
地域密着型の広告は、自分の医院・病院の場所を知ってもらうこと

毎日、新聞の折込には、パチンコ店のチラシが入っています。
新聞の折込チラシは、広告媒体の中では、安い分類です。
パチンコ店は、お金があるのに、その折込チラシを多用しているのです。
なぜでしょうか?

それは、パチンコ店は、
地域密着型のビジネスだからです。

確かに、テレビCMをやっているパチンコ店もあります。しかし、それは全国展開している会社だけです。地方テレビのCMを使っていることもありますが、その地域で10店舗以上ある、大きなパチンコ店のはずです。つまり、地元で、1店舗、2店舗のパチンコ店が、テレビCMをやっても、費用対効果が悪いから、やらないのです。

どれほど儲かっていても、地元の病院がテレビCMを使うことは、ほとんどありません。医療法で規制されていることもありますが、そもそも、地域密着型なので、テレビCMでは、ムダが大きいのです。テレビCM自体は、医療法で禁止されているわけではありません。実際に、美容整形外科や眼科はCMを流しています。実際に、それぞれの広告は、下記のような順列になります。

広告効果

先ほども言いましたが、医院経営や病院経営は、地域密着なので、広告を見る人が多い必要はありません。地元の周りの人だけが知れば、十分です。だから、駅の看板、折込チラシ、DM、ホームページの作成に、広告費を使えばよいので、費用は安くてすみます。しかも、医療広告のルールさえ守れば、相当な情報を載せることができます。

お金がある競合の医院や病院も、テレビCMや新聞公告を行わないということは、誰でも同じ土俵で戦えるということです。このような話をすると、 「駅の看板はいいけど、DMや折込チラシは、ちょっとやりすぎだなぁ」 と言う院長もいます。

でも、あなたが、友達から、 「住んでいる場所の近くでいいから、おいしそうなイタリアンレストランを3軒ぐらい教えてよ」 と言われたら、すぐに3店舗の名前を言えますか?イタリアンレストランならば、駅前に何店舗もありますし、実際に行ったこともあるはずです。だから、1軒ならば思い出すことはできるかもしれませんが、3軒となると、どこにあるかも分からないのではないでしょうか?

しかも、「おいしい」と条件を付けられてしまうと、3軒は無理でしょう。
おいしいイタリアンレストランと、腕のいい医院や病院、どちらが探しやすいと思いますか?
あなたは、競合の医院や病院が気になるので、詳しいかもしれませんが、毎日、前を通っていても、自分に関係ない情報は、人間は取り込まないのです。 だからこそ、パチンコ店は、駅前でティッシュを配り、大きな看板を出していたとしても、新聞の折込チラシで、何度も宣伝するのです。 お金が余っているから広告を出しているのではありません。それだけ、宣伝をやらなければ、お客が集まらないからなのです。

もう一度、言います。

医院経営・病院経営は地域密着型です。

POINT 1
あなたの医院・病院の診療科名と場所を
知ってもらう

POINT 2 
どのような患者を診るのが得意なのかを
知ってもらう

POINT 3
上の2つのことを、病気になったときに
思い出してもらう

この3つのことを繰り返し行うことです。  そうしなければ、他の医院・病院の患者の目をこちらに向けて、獲得することはできません。今や、医院経営・病院経営は待っていれば、患者が行列を作ってくれる時代ではないのです。

話が戻りますが、あなたは、医院の場所を伝えるために、チラシかDMを出しましょう。
駅の広告だけでは、プッシュが足りないので、すぐに忘れられてしまいます。 病院であっても、分院を出したときには、既存の患者だけではなく、周りの住宅街にもチラシを撒いてください。

それで、診察に来た患者には、ニュースレターやメルマガなどで、情報発信を続けていくという方法がよいでしょう。それによって、あなたの医院や病院を思い出してくれるはずです。ただ、注意することがあります。 医院経営・病院経営は、医療法を守らなければいけません。 そこでは、下記の4つが、禁止されています。

(1) 他の病院との比較広告

(2) 誇大広告

(3) 広告を行う者が客観的事実であることを証明できない内容の広告

(4) 公序良俗に反する内容の広告

(5) 品位を損ねる内容の広告

ただ、これは、医院経営・病院経営だけに当てはまることではありません。
他の業種でも、NGの広告内容です。

もちろん、医療広告は、医療法だけではなく、薬事法やそれ以外の法令に関する広告の指針にも従う必要があるため、細心の注意は必要ですが、広告を見た人に、誤った理解を持たれるような広告でなければ、大丈夫ということです。

とにかく、医院経営・病院経営では、広告宣伝するのが当たり前だと認識してください。 逆に言えば、広告もしていないのに、患者が集まらないと嘆いていても、何も改善しないということです。誰も、あなたの医院・病院を見つけてくれないからです。

facebook
twitter
google+