資金調達により医院・病院の資金繰りを改善する

住所
医療関連のコンサルティング
医院経営/病院経営コンサルティング > 資金調達により医院・病院の資金繰りを改善する
資金調達が上手い医院や病院は、競合よりも、圧倒的に優位な立場になれます

あなただけではなく、医院経営や病院経営は、いつでも資金繰りに頭を悩ませます。

仮イメージ小 開業するときには、高い保証金と内装を作り込み、高額な医療機器を購入します。そして、広告宣伝を行ったとしても、すぐに患者が集まるわけでもなく、高い賃料と、看護師と受付の社員の給料は支払わなくてはいけません。 もちろん、自己資金だけでは足りるはずもなく、金融機関からお金を借りなければ、開業はできません。そのあと、医業収益が上がり、借金の返済も楽になった頃に、看板の作り直し、予約システムの導入、床や壁紙の修繕、新しい医療機器の入替えなどをやりたくなるのです。その頃には、いろいろな金融機関と付き合いができるので、借り換えによって、現在の借入の条件を見直すことはできます。また、儲かってきたことで、医療法人になり、分院を出店したり、介護事業を始めたり、有床にしたりと、事業拡大を目指すならば、金融機関から、今まで以上に、お金を借りることを考えるかもしれません。現在の医院や病院をリニューアルするにしても、拡大路線を取ることにしても、資金調達し続けなければ、医院経営や病院経営の競争力を保つことはできないのです。

でも、これは、あなたにとって、大きなチャンスだと思いませんか?

そもそも、医院経営や病院経営では、資金繰り計画と上手く付き合っていかなくてはいけないのです。それを嫌だなと敬遠するのではなく、

積極的に金融機関を利用することができれば、競合の医院や病院に勝つことができるのです。

あなたなら、どうしますか?

  • 制度融資を使うべきか、都市銀行、信用金庫、地銀のどこがよいか?
  • 現在の医院や病院で、最適な返済期間は? 利率は? 固定か、変動か?
  • 医療機器は借入で買うべきか、リースにすべきか?
  • 追加融資のタイミングは?
  • 診療報酬債権の流動化など、他の資金調達方法は検討したか?

もちろん、上記のことを判断するためには、資金繰りの計画表を理解し、キャッシュフロー計算書が読めることが大前提になります。結果が書いてある資料が読めなければ、正解か、間違えたのか、判断すらできないからです。ここでは、戦略的な資金繰りを考えるだけではなく、書類の読み方も合わせて、解説していきます。

最新情報一覧

前回、「固定資産の耐用年数 > 銀行への返済期間」になると、税金を支払ったあとの利益から返済する金額が大きくなり、医院経営や病院経営の資金繰りが悪化するという話をしました。だから、銀行とは返済期間を伸ばしてもらうように交 […] 続きを読む
1 / 212